fc2ブログ
velocity *blog : ゲーム制作集団「べろシティ」の開発日誌的なカンジです。
2007/02/12(Mon)   すきなもの : 雑記

かいたひと:ひーらぎけー

好きなものを好きでいられる、というのは一種の才能だと思うのですよ。
この場合の好きなもの、は何でもいーのです。
人だろーが、物だろーが。
高尚だろーが、低俗だろーが。そんなの、ささいなことです。
それよりも“今まで”好きだったものを、“これからも”好きでいられるかどーかの方が大事かな、とか思ったりします。

好きってゆーのは、結構あいまいなものだと思うのですよ。
「四六時中そのこと考えても飽きない」というのも好きであれば、「楽しいかどうか分かんないけどやってないと落ち着かない」というのも好きかと思います。
種類もいろいろ。程度もいろいろ。
でも好きって言えば、なんかそれっぽい気はします。

その好きなものが、ある日突然好きじゃなくなったらどーしましょう。
新しく好きなものを探す。好きじゃなくなったものを、もう一度好きになろうと頑張る。
いずれにせよ、「好きなものがある」状態を保てる人はすごいと思います。
好きなものを好きでいるためには、結構パワーがいるような気がするので。
「そんなことないよ」という人はそれだけで、ふつーの人とは一線を画した才能を持ってるんじゃないかと。

好きなものがある人は、「好きと言えるものがあること」「好きという概念を持っていること」「好きでいられたこと」「好きっていうあいまいなものを信じられること」を誇っても罰は当たらないんじゃないかな、とかとか、そんな感じのことを思いながら過ごしてる今日この頃です。
(バス停に並んでるポニーテール幼女を見ながら)
◇ コメントを書く/見る(1) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 雑記